筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 頚部の筋肉

頚部の筋肉一覧

下唇下制筋(かしんかせいきん)

【下唇下制筋の起始・停止】 (起始) 下顎骨前面、オトガイ孔付近に付着。    (停止) 下唇の皮膚に付着。   【下唇下制筋の主な働き】 下唇を外側と下方に引く。   【下唇下制筋の神経支配】 顔面神経(下顎縁枝)   【下唇下制筋に関する一口メモ

顎ニ腹筋(がくにふくきん)

【顎ニ腹筋の起始・停止】 (起始) 前腹は、下顎骨ニ腹筋窩に付着。 後腹は、側頭骨乳突切根に付着。   (停止) 前腹は中間腱に付着。 後腹も中間腱に付着。   【顎ニ腹筋の主な働き】 舌骨を引き上げる。下顎骨を下制する。   【顎ニ腹筋の神経支配】 前腹は、三叉神経第

茎突舌骨筋(けいとつぜっこつきん)

【茎突舌骨筋の起始・停止】 (起始) 茎状突起の上外側部に付着。   (停止) 舌骨体に付着。   【茎突舌骨筋の主な働き】 舌骨を上方に引く。舌骨を後方に引く。   【茎突舌骨筋の神経支配】 顔面神経(茎突舌骨筋枝)   【茎突舌骨筋に関する一口メモ】 茎突

オトガイ舌骨筋(おとがいぜっこつきん)

【オトガイ舌骨筋の起始・停止】 (起始) 下顎骨のオトガイ舌骨筋棘に付着。   (停止) 舌骨体の前面に付着。   【オトガイ舌骨筋の主な働き】 舌骨を前方に引く。舌骨が固定している時は、下顎角を引き下げる。   【オトガイ舌骨筋の神経支配】 舌下神経(舌筋枝) &nb

顎舌骨筋(がくぜつこつきん)

【顎舌骨筋の起始・停止】 (起始) 下顎角の顎舌骨筋線に付着。   (停止) 舌骨体の顎舌骨筋線に付着。   【顎舌骨筋の主な働き】 舌骨を挙上する。下顎角を引き下げる。   【顎舌骨筋の神経支配】 三叉神経第三枝(下顎神経)   【顎舌骨筋に関する一口メモ】

甲状舌骨筋(こうじょうぜっこつきん)

【甲状舌骨筋の起始・停止】 (起始) 胸骨甲状筋の継続として、甲状軟骨に付着。   (停止) 舌骨体に付着。   【甲状舌骨筋の主な働き】 舌骨の引き下げ。甲状軟骨を引き上げる。   【甲状舌骨筋の神経支配】 上位頚神経(C2〜C3)   【甲状舌骨筋に関する

胸骨舌骨筋(きょうこつぜっこつきん)

【胸骨舌骨筋の起始・停止】 (起始) 胸骨柄・胸鎖関節・第一肋骨の軟骨部の後面に付着。   (停止) 舌骨体に付着。   【胸骨舌骨筋の主な働き】 舌骨を下方に引く。   【胸骨舌骨筋の神経支配】 上位頚神経(C2〜C3)   【胸骨舌骨筋に関する一口メモ】

肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん)

【肩甲舌骨筋の起始・停止】 (起始) 肩甲骨の上縁の下腹で、烏口突起のすぐ内側位置に付着。   (停止) 舌骨体に付着。   【肩甲舌骨筋の主な働き】 舌骨を下後方に引く。頚筋膜を張る。   【肩甲舌骨筋の神経支配】 上位頚神経(C2〜C3)   【肩甲舌骨筋

胸骨甲状筋(きょうこつこうじょうきん)

【胸骨甲状筋の起始・停止】 (起始) 胸骨柄と第一第二肋軟骨の後面に付着。   (停止) 舌骨体に付着。   【胸骨甲状筋の主な働き】 甲状軟骨を下方に引く。   【胸骨甲状筋の神経支配】 上位頚神経(C2〜C3)   【胸骨甲状筋に関する一口メモ】 胸骨甲状

前頭直筋(ぜんとうちょくきん)

【前頭直筋の起始・停止】 (起始) 環椎外側塊に付着。   (停止) 後頭骨の底部に付着。   【前頭直筋の主な働き】 頭部を屈曲する。頭部を側屈・回旋する。   【前頭直筋の神経支配】 第一第二頚神経(C1・C2)   【前頭直筋に関する一口メモ】 前頭直筋

外側頭直筋(がいそくとうちょくきん)

【外側頭直筋の起始・停止】 (起始) C1(環椎)の横突起に付着。   (停止) 後頭骨の頚静脈突起に付着。   【外側頭直筋の主な働き】 頭部を側屈する。   【外側頭直筋の神経支配】 第一頚神経   【外側頭直筋に関する一口メモ】 外側頭直筋は、前頭直筋と

頚長筋(けいちょうきん)

【頚長筋の起始・停止】 (起始) 上斜部は、C3〜C5の脊椎横突起の前結節に付着。 下斜部は、T1〜T3の椎体前部に付着。 垂直部は、C5〜C7及びT1〜T3の椎体前外側部に付着。   (停止) 上斜部は、C1(環椎)の前結節に付着。 下斜部は、C5〜C6の椎体横突起の前結節に付着。 垂直

頭長筋(とうちょうきん)

【頭長筋の起始・停止】 (起始) C3〜C6の椎骨横突起の前結節に付着。   (停止) 後頭骨底部の下面に付着。   【頭長筋の主な働き】 頭部を前屈する。頭部を側屈する。頭部を回旋する。   【頭長筋の神経支配】 頚神経叢(C1〜C4)   【頭長筋に関する

前斜角筋(ぜんしゃかくきん)

【前斜角筋の起始・停止】 (起始) C3〜C6の椎体の横突起前結節に付着。   (停止) 第一肋骨の前斜角筋結節(リスフラン結節)に付着。   【前斜角筋の主な働き】 第一肋骨を引き上げる。頚椎を前屈する。頚椎を側屈する。   【前斜角筋の神経支配】 頚神経叢(C4〜C

中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)

【中斜角筋の起始・停止】 (起始) C2〜C7の椎体の横突起前結節に付着。   (停止) 第一肋骨鎖骨下動脈溝の後方突起に付着。   【中斜角筋の主な働き】 第一肋骨を引き上げる。頚椎を前屈する。頚椎を側屈する。   【中斜角筋の神経支配】 腕神経叢(C5〜C8) &n

後斜角筋(こうしゃかくきん)

【後斜角筋の起始・停止】 (起始) C4〜C6の椎体の横突起の後結節に付着。   (停止) 第二肋骨の外側面に付着。   【後斜角筋の主な働き】 第二肋骨を引き上げる。頚椎を前方に傾ける。頚椎を側屈する。   【後斜角筋の神経支配】 頚神経叢及び腕神経叢(C5〜C8)

広頚筋(こうけいきん)

【広頚筋の起始・停止】 (起始) 肩峰から第二肋骨前端にいたる線の大胸筋と三角筋を追う皮下組織と胸筋筋膜に付着。   (停止) 下顎角の下縁・口角・咬筋筋膜・笑筋・口角下制筋・口唇下制筋に付着。   【広頚筋の主な働き】 頚部や胸部に皺を作る。口角を下方に引く。頚筋膜・口筋筋膜の

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

【胸鎖乳突筋の起始・停止】 (起始) 胸骨頭(胸骨柄の上縁)・鎖骨頭(鎖骨内方の1/3)に付着。   (停止) 側頭骨乳様突起・後頭骨上項線に付着。   【胸鎖乳突筋の主な働き】 頭部を反対側に回旋する。頭を前下方に引く。胸骨と鎖骨を挙上する。   【胸鎖乳突筋の神経支

小後頭直筋(しょうこうとうちょっきん)

【小後頭直筋の起始・停止】 (起始) C1(環椎)の後結節に付着。   (停止) 後頭骨の下項線の内側に付着。   【小後頭直筋の主な働き】 頭部を回旋する。頭部を伸展する。頭部を側屈する。   【小後頭直筋の神経支配】 第一頚神経   【小後頭直筋に関する一

頭半棘筋(とうはんきょくきん)

【頭半棘筋の起始・停止】 (起始) T1〜T6の椎体の横突起・C4〜C6の椎体の関節突起に付着。   (停止) 後頭骨の上項線と下項線の間に付着。   【頭半棘筋の主な働き】 頭部を伸展する。頭部を回旋する。   【頭半棘筋の神経支配】 頚神経   【頭半棘筋

頚半棘筋(けいはんきょくきん)

【頚半棘筋の起始・停止】 (起始) C4〜C6の関節突起及び、C7とT1〜T6の横突起に付着。   (停止) C2〜C5の棘突起に付着。   【頚半棘筋の主な働き】 頚椎を伸展する。頚椎を回旋、側屈する。   【頚半棘筋の神経支配】 脊髄神経後枝の頚神経・胸神経 &nb

頭棘筋(とうきょくきん)

【頭棘筋の起始・停止】 (起始) 頭棘筋は、頭半棘筋と癒合していることが多く、頭半棘筋から走行した筋繊維が、上位胸椎及び下位頚雄から起きる時にいいます。   (停止)  後頭骨の上項線と下項線の間   【頭棘筋の主な働き】 頭部を伸展する。頭部を回旋する。  

頭最長筋(とうさいちょうきん)

【頭最長筋の起始・停止】 (起始) T1〜T5の椎体の横突起下部、C4〜C7の椎体の関節突起に付着。   (停止) 側頭骨の乳様突起に付着。   【頭最長筋の主な働き】 頭部を伸展する。頭部を回旋する。頭部を側屈する。   【頭最長筋の神経支配】 頚髄神経  

頚腸肋筋(けいちょうろくきん)

【頚腸肋筋の起始・停止】 (起始) 第一〜第六の肋骨の肋骨角に付着。   (停止) C4〜C6の横突起に付着。   【頚腸肋筋の主な働き】 頚椎を伸展。頚椎を側屈。   【頚腸肋筋の神経支配】 胸神経   【頚腸肋筋に関する一口メモ】 腸肋筋は、脊柱起立筋の一

頭板状筋(とうばんじょうきん)

【頭板状筋の起始・停止】 (起始) 下位5頚椎の項靭帯、上位2胸椎の棘突起に付着。   (停止) 側頭骨の乳様突起と後頭骨の上項線の外側部に付着。   【頭板状筋の主な働き】 頭部を伸展する。頭部を回旋する。頭部を側屈する。   【頭板状筋の神経支配】 頚神経 &nbs

頚板状筋(けいばんじょうきん)

【頚板状筋の起始・停止】 (起始)  T3〜T6(ないしはT5)までの棘突起もしくは項靭帯に付着。   (停止) C1〜C2の椎体の横突起後結節に付着。   【頚板状筋の主な働き】 上位頚椎を外方・側方に引き、頭部を回旋する。頭部を側屈する。頭部を伸展する。  

ウェブページ