筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 頚部の筋肉 > 前斜角筋(ぜんしゃかくきん)

前斜角筋(ぜんしゃかくきん)

【前斜角筋の起始・停止】

(起始)

C3〜C6の椎体の横突起前結節に付着。

 

(停止)

第一肋骨の前斜角筋結節(リスフラン結節)に付着。

 

【前斜角筋の主な働き】

第一肋骨を引き上げる。頚椎を前屈する。頚椎を側屈する。

 

【前斜角筋の神経支配】

頚神経叢(C4〜C7)

 

【前斜角筋に関する一口メモ】

前斜角筋は、頚椎の前側にある筋肉です。頚椎を前屈したり、側屈したり、第一肋骨を引き上げたりしています。前斜角筋と中斜角筋の間を、腕神経、動静脈が走行します。何らかの影響で、これらの筋肉に緊張を生じて、腕神経を挟み込みます。(絞扼と呼びます)すると、腕や手に痺れを生じます。斜角筋症候群とよばれ、胸郭出口症候群の一つの原因となります。

【前斜角筋の絵】

前斜角筋

ウェブページ