筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 頚部の筋肉 > 頚板状筋(けいばんじょうきん)

頚板状筋(けいばんじょうきん)

【頚板状筋の起始・停止】

(起始)

 T3〜T6(ないしはT5)までの棘突起もしくは項靭帯に付着。

 

(停止)

C1〜C2の椎体の横突起後結節に付着。

 

【頚板状筋の主な働き】

上位頚椎を外方・側方に引き、頭部を回旋する。頭部を側屈する。頭部を伸展する。

 

【頚板状筋の神経支配】

頚神経

 

【頚板状筋に関する一口メモ】

頚板状筋は、後頭下部に付着している筋肉のうちの最外層の筋肉です。頭版状筋と重なっており、後頭下部を触診して、頭部を伸展すると容易にその緊張が感じられます。頚板状筋の付着は、テキストによっては、多少の差があります。棘突起もしくは項靭帯という正中部に付着し、外側方に走行する為、その働きは、回旋、伸展、側屈の複合的ではありますが、一連の脊椎の生理学的な動きを、スムーズにこなす様に手助けしています。

【頚板状筋の絵】

頚板状筋

ウェブページ