筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)

【上腕三頭筋の起始・停止】

(起始)

長頭は、肩甲骨関節窩結節に付着。

外側頭は、上腕骨後面に付着。

内側頭は、上腕骨内側後面に付着。

 

(停止)

全て尺骨の肘頭に付着。

 

【上腕三頭筋の主な働き】

肘関節を伸展する。

 

【上腕三頭筋の神経支配】

橈骨神経

 

【上腕三頭筋に関する一口メモ】

上腕三頭筋は、上腕二頭筋の裏側にある筋肉です。腕の後方に張り付いて、肘頭に付着します。三本の筋頭から成り立ってますが、そのうち長頭のみが、肩甲骨に付着しています。残りの二本は、上腕骨に付着しています。この為、長頭は、肩関節と肘関節の両方に働きます。肩関節に関しては、上腕の伸展と内転を助けます。上腕三頭筋は、容易に触診することが可能です。『腕立て伏せ運動』の際に、肘を伸ばす筋肉が、主にこの上腕三頭筋であり、非常に強力である事が想像できます。調べる方の腕を垂らして、腕の後側に力を入れるように意識します。すると、この筋肉がよく緊張するのが、他方の手を当てると、どなたにでもわかります。

【上腕三頭筋の絵】

上腕三頭筋

ウェブページ