筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 円回内筋(えんかいないきん)

円回内筋(えんかいないきん)

【円回内筋の起始・停止】

(起始)

上腕頭は、上腕骨内側上顆・内側上腕筋間中隔らに付着。

尺骨頭は、尺骨鈎状突起に付着。

 

(停止)

橈骨の中央の前面及び外側面に付着。

 

【円回内筋の主な働き】

前腕を回内する。

 

【円回内筋の神経支配】

正中神経(C6〜C7)

 

【円回内筋に関する一口メモ】

円回内筋は、肘の内側から前腕の外側に付着しています。前腕の外側は橈骨です。橈骨のおよそ近位1/3〜遠位1/4あたりに付着していますが、斜めに走行しているので、橈骨を肘の方向に引きつけて、更に屈曲させる方向に、力は働きます。結果として、肘の構造上、回内するのです。ゴルフをしていて痛める肘関節痛は、内側上顆炎が多いですが、この円回内筋の過使用も原因であることが多く、この筋肉をケアする事が、ゴルフ肘の関節痛を緩和する一つの治療手段となります。触診は簡単です。肘の内側を触診して、出っ張りを見つけます。ここが内側上顆です。他方の手で、ここを触診しながら、調べる側の前腕を回内します。すると筋肉が緊張することが確認できます。

【円回内筋の絵】

円回内筋

ウェブページ