筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)

尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)

【尺側手根屈筋の起始・停止】

(起始)

上腕頭は、上腕骨の内側上顆に付着。

尺骨頭は、肘頭・前腕筋膜・尺骨後縁に付着。

 

(停止)

豆状骨・豆中手靭帯・第5中手骨に付着。

 

【尺側手根屈筋の主な働き】

手関節において、手を掌屈する。手を尺屈する。

 

【尺側手根屈筋の神経支配】

尺骨神経(C8〜T1)

 

【尺側手根屈筋に関する一口メモ】

尺側手根屈筋は、手首の屈曲筋の中では最内側にある筋肉です。特に前腕を屈曲して尺屈するような動作においては、特に力を発揮します。ゴルフにおいてもその力は重要で、橈側手根屈筋や長掌筋や回内筋と共に、この筋肉の異常で、内側上顆炎を引き起こしたり、肘関節の異常を起こしたりする筋肉です。ダンベルを持って、屈曲する時に緊張する筋肉で、触診するには、手首を屈曲させて、この状態から尺屈すると、僅かに筋腹が膨らむのを触診することが出来ます。屈筋群を探るには、内側上顆から僅かに尺骨に向かって触診します。屈曲して見ると、これらの屈曲筋群の腱もしくは筋腹を探ることが可能です。

【尺側手根屈筋の絵】

尺側手根屈筋

ウェブページ