筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 長掌筋(ちょうしょうきん)

長掌筋(ちょうしょうきん)

【長掌筋の起始・停止】

(起始)

上腕骨の内側上顆、前腕筋膜らに付着。

 

(停止)

手掌腱膜に付着。

 

【長掌筋の主な働き】

手掌腱膜を緊張させて、手首を屈曲する。

 

【長掌筋の神経支配】

正中神経(C7〜T1)

 

【長掌筋に関する一口メモ】

長掌筋は、手掌腱膜を緊張させます。これは手を握ったり、重い物を持ったりした時に、手掌腱膜の下にある血管や神経を保護する役目をも果たしています。この筋肉は、しばしば欠損する筋肉で、数パーセントの人で、生まれながらにして、この筋肉が存在していません。存在しなくても、手掌腱膜は存して、その役目を果たしています。野球の投手が、内側側腹靭帯を痛めたり、伸長して肘関節に異常を来たした時に、手掌腱膜の一部を肘の内側に移植して、関節を引き締め、選手生活を伸ばす処置もなされています。この筋肉は、触診が可能で、手首を屈曲させたり、元に戻したりをすると、その筋腹に触診することが出来ます。また、握りこぶしを作ると、手首に腱がむき出しとなりますが、このよく見える腱は長掌筋の腱です。

【長掌筋の絵】

長掌筋

ウェブページ