筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)

長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)

【長橈側手根伸筋の起始・停止】

(起始)

上腕骨の外側縁・外側上顆らに付着。

 

(停止)

第2中手骨の骨底背側に付着。

 

【長橈側手根伸筋の主な働き】

手を背屈する。手を橈屈する。

 

【長橈側手根伸筋の神経支配】

橈骨神経(C6〜C7)

 

【長橈側手根伸筋に関する一口メモ】

長橈側手根伸筋は、肘から伸びて、手の第2中手骨の背面に付着しています。したがって、背屈する働きに加えて、橈屈が加わります。この筋肉は、短橈側手根伸筋と共に、よく聞きますテニス肘の原因筋と考えられています。この筋肉の断裂や挫傷によって、筋の働きが悪くなった時、肘の内側に痛みを生じます。触診は可能ですが、短橈側手根伸筋との区別は困難です。手首を伸展して、第2指のみを伸展することで、この長橈側手根伸筋を動かして、筋腹を確かめることが出来ます。短橈側手根伸筋の場合は、手首を伸展して、第3指を伸展することで、この筋肉を優先的に動かすことが出来ますので、確認することが可能です。

【長橈側手根伸筋の絵】

長橈側手根伸筋

ウェブページ