筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)

尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)

【尺側手根伸筋の起始・停止】

(起始)

上腕頭は、上腕骨外側上顆・肘関節側腹靭帯に付着。

尺骨頭は、尺骨に付着。

 

(停止)

第5中手骨の骨底背面に付着。

 

【尺側手根伸筋の主な働き】

手を背屈する。手を尺屈する。

 

【尺側手根伸筋の神経支配】

橈骨神経(C6〜C8)

 

【尺側手根伸筋に関する一口メモ】

尺側手根伸筋は、手を背屈すると共に手を尺屈します。外側上顆から、斜めに走行して第5中手骨に付着するので、尺屈方向に力が働きます。ただし、この筋のみでは、尺屈することはなく、尺側手根屈筋と共に助け合って尺屈をします。この筋肉の触診は、手首を背屈して、更に尺屈したり、中間位に戻したりを繰り返します。この時に短(長)橈側手根伸筋らとの鑑別が必要です。ここでしっかりと尺側手根伸筋を働かせるには、尺屈をすることが大切です。これによって筋腹を確かめることが可能となります。

【尺側手根伸筋の絵】

尺側手根伸筋

ウェブページ