筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 短母指伸筋(たんぼししんきん)

短母指伸筋(たんぼししんきん)

【短母指伸筋の起始・停止】

(起始)

前腕骨間膜・橈骨に付着。

 

(停止)

母指背側の基節骨底に付着。

 

【短母指伸筋の主な働き】

母指の基節を伸展する。母指を外転する。

 

【短母指伸筋の神経支配】

橈骨神経(C6〜C8)

 

【短母指伸筋に関する一口メモ】

短母指伸筋は、長母指伸筋働きを助けて母子を伸展し、外転します。また、手首の伸展の手助けもします。長母指伸筋との間に、『解剖学的嗅ぎ煙草入れ』と呼ばれている窪みを形成します。この窪みは母指を伸展し外転すると現れますが、さらに橈屈するとこの窪みははっきりと顔を出します。また親指の腱鞘炎であるドケルバン腱鞘炎を引き起こす筋肉の一つで、長母指外転筋と短母指伸筋の腱の過使用による肥厚と、腱鞘の慢性的な微小外傷が原因で、この腱鞘炎は起こります。

【短母指伸筋の絵】

短母指伸筋

ウェブページ