筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 長母指屈筋(ちょうぼしくっ きん)

長母指屈筋(ちょうぼしくっ きん)

【長母指屈筋の起始・停止】

(起始)

橈骨前面の1/3に付着。

 

(停止)

母指の末節骨の掌側に付着。

 

【長母指屈筋の主な働き】

母指を伸展する。母指を外転する。

 

【長母指屈筋の神経支配】

橈骨神経(C6〜C8)

 

【長母指屈筋に関する一口メモ】

長母指屈筋は、母指を屈曲する筋肉ですが、最深層に付着し、比較的強力な筋肉です。橈骨まで伸びていて、その筋肉は母指の屈曲筋では最長です。触診は殆んど出来ません。深層筋(インナーマッスル)であるので、直接触診するというよりも、その筋肉の動きを探るといったほうが適当かもしれません。触診する方の前腕手掌側を触診し、真ん中よりやや前部(手部寄り)を探ります。更に調べる方の母指を伸展、屈曲の繰り返しをする事で、長母指屈筋の筋腹が、緊張したり弛緩したりを繰り返します。これによって、ある程度の触診が可能です。圧痛や運動痛が見つかれば、この筋肉に断裂やその他の異常を生じている可能性が考えられます。

【長母指屈筋の絵】

長母指屈筋

ウェブページ