筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 背側骨間筋(はいそくこつかんきん)

背側骨間筋(はいそくこつかんきん)

【背側骨間筋の起始・停止】

(起始)

第1〜第5の中手骨の背側・側面に付着。

 

(停止)

第2〜第4中手骨の基節骨に付着。(第2と3指は橈側に付着、第3と4指は尺側に付着。)

 

【背側骨間筋の主な働き】

第2と3指を橈側に引く。第3と4指を尺側に引く。『グーパー』のパーを作る。

 

【背側骨間筋の神経支配】

尺骨神経(C8〜T1)

 

【背側骨間筋に関する一口メモ】

背側骨間筋は、いわゆる『ジャンケン』のパーを作るのに必要な筋肉です。第3指を境に、橈側と尺側に指を動かします。更に、指は少し背側に伸展します。母指と小指は、それぞれ短母指外転筋と小指外転筋が外転をします。これらの筋肉が上手に働いて『パー』を作ります。この筋肉を触診するには、調べる側の手を思いっきり『パー』の形に作ります。更に2〜4指の中手骨間を探ります。パーをした手の力を入れたり抜いたりすることで、この筋肉の筋腹が緊張したり弛緩したりする様子を確認することが出来ます。

【背側骨間筋の絵】

背側骨間筋

ウェブページ