筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 掌側骨間筋(しょうそくこっかんきん)

掌側骨間筋(しょうそくこっかんきん)

【掌側骨間筋の起始・停止】

(起始)

中手骨の掌側の側面に付着。

 

(停止)

基節骨底・指伸筋腱膜に付着。

 

【掌側骨間筋の主な働き】

第2、4、5指を第3指の方へ引き寄せる。内転する。

 

【掌側骨間筋の神経支配】

尺骨神経(C8〜T1)

 

【掌側骨間筋に関する一口メモ】

掌側骨間筋は、指の内転を行います。背側骨間筋は、指の外転を行いますので、これらの筋肉は、指を開いたり閉じたりをしています。指をそろえてピタッとくっつけることが仕事です。これらの筋肉の触診は、調べる側の手掌側を開き、指をピタッと閉じます。更に触診する方の指にて、調べる掌側骨間筋あたりを圧します。中手骨間を探り、調べる側の手に力を入れたり抜いたり(内転したまま力を入れる)を繰り返します。すると、この筋肉が緊張したり弛緩したりを微妙に感じ取ることが可能です。ただし、力の入れ具合によっては、まったく判りませんので、何回もチャレンジすることが大切です。

【掌側骨間筋の絵】

掌側骨間筋

ウェブページ