筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 上肢の筋肉 > 棘下筋(きょくかきん)

棘下筋(きょくかきん)

【棘下筋の起始・停止】

(起始)

肩甲骨の棘下窩に付着。

 

(停止)

上腕骨の大結節に付着。

 

【棘下筋の主な働き】

肩関節を外旋する。肩関節を伸展する。

 

【棘下筋の神経支配】

肩甲上神経(C5〜C6)

 

【棘下筋に関する一口メモ】

棘下筋は、棘上筋・肩甲下筋・小円筋と共に、回旋筋腱板(ローテーターカフ)と呼ばれています。肩甲棘の下部を探ってみると、触診する事が出来ます。肩関節の異常の場合、棘上筋と共によく疑われますのが、この棘下筋です。外旋して痛みがでる場合や内旋でのストレッチでの伸長痛は、この筋に異常が考えられます。五十肩が疑われる場合は、この回旋筋腱版の異常もなく、更に整形学検査的には、なんら異常が見当たりません。抱縮が出現すると、これらの筋肉に痛みが出ることは多いです。

【棘下筋の絵】

棘下筋

ウェブページ