筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 腸骨筋(ちょうこつきん)

腸骨筋(ちょうこつきん)

【腸骨筋の起始・停止】

(起始)

腸骨内面の上部に付着。

 

(停止)

股関節の小転子に付着。

 

【腸骨筋の主な働き】

股関節を屈曲する。股関節を外旋する。

 

【腸骨筋の神経支配】

大腿神経(L2〜L4)

 

【腸骨筋に関する一口メモ】

腸骨筋は、大腰筋と共に股関節の屈曲と僅かな外旋、そして大切な姿勢維持の仕事を荷っています。座位で足を持ち上げたり、股関節を固定した時は、上体を起こしたりする筋肉です。この筋肉は触診できません。ただし、大腰筋と同じで、仰向けで寝た状態を作り、膝を曲げ、この時に腸骨の内側を小転子に向けて軽く圧すると、筋肉の緊張が僅かに感じ取れます。あまり強い圧では、防御反応によって腹筋が緊張して判りにくくなりますし、内部には腸がありますので、デリケートな部位です。やさしく圧することが検査のカギです。

【腸骨筋の絵】

腸骨筋

ウェブページ