筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

【大腿筋膜張筋の起始・停止】

(起始)

上前腸骨棘に付着。

 

(停止)

脛骨の外側顆に付着。

 

【大腿筋膜張筋の主な働き】

大腿筋膜を緊張させる。大腿を屈曲する、外転する、内旋する。

 

【大腿筋膜張筋の神経支配】

上臀神経(L4〜S2)

 

【大腿筋膜張筋に関する一口メモ】

大腿筋膜張筋は、股関節の外転筋ですが、股関節の屈曲筋が働く際、股関節が外旋するのを防ぐ役目を担っています。これは、歩行などの際に、大腰筋や腸骨筋は股関節を外旋する働きがありますが、これを防いで、脚が真っ直ぐ運ばれるように補正します。この筋肉の触診は容易です。立ったまま、足を真横に持ち上げます(外転します)。更に調べる側の筋肉の上前腸骨棘の下部(骨盤の前側)を触り、外転、内転を繰り返してみます。すると、大腿筋膜張筋の緊張と弛緩を、触診にて確認することが出来ます。

【大腿筋膜張筋の絵】

大腿筋膜張筋

ウェブページ