筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 中臀筋(ちゅうでんきん)

中臀筋(ちゅうでんきん)

【中臀筋の起始・停止】

(起始)

腸骨翼の外側で、前殿筋線と後殿筋線の間で、腸骨量の外唇および殿筋膜に付着。

 

(停止)

大転子尖端の外側面に付着。

 

【中臀筋の主な働き】

股関節を外転する。股関節を僅かに内旋する。

 

【中臀筋の神経支配】

上殿神経(L4〜S2)

 

【中臀筋に関する一口メモ】

中殿筋は、股関節の外転筋です。また、片方の脚を持ち上げた時に、片足立ちしている方の中殿筋が緊張することで、他方の臀部が下がらない様にしている。この緊張がないと、他方の脚を持ち上げて歩くこともままなりません。中殿筋が弱いと、上記のように片足立ちしたときに、ぐらついたり、倒れたりしてしまいます。(これは整形学テストで、トレンデンブルグと呼ばれています。)この筋肉の触診は、立った状態で、骨盤の腸骨稜の外側に指を当てます。この状態で脚を外転したり、戻したりすることで、この筋肉の緊張が確かめられます。

【中臀筋の絵】

中臀筋

ウェブページ