筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 内閉鎖筋(ないへいさきん)

内閉鎖筋(ないへいさきん)

【内閉鎖筋の起始・停止】

(起始)

坐骨及び恥骨の閉鎖孔縁、閉鎖膜に付着。

 

(停止)

大腿骨の大転子の転子窩に付着。

 

【内閉鎖筋の主な働き】

股関節にて大腿骨外旋する。

 

【内閉鎖筋の神経支配】

仙骨神経(L5〜S3)

 

【内閉鎖筋に関する一口メモ】

内閉鎖筋は、股関節における大腿骨の外旋筋です。外旋筋としては、大腿方形筋と共に最も強力な筋肉です。外旋筋群は、このほかに外閉鎖筋、上双子筋、下双子筋、大腿方形筋、梨状筋があります。内閉鎖筋を触診する方法は、坐骨と大転子の間に指を潜り込ませて、股関節を外旋内旋して見ます。すると、内閉鎖筋が緊張したり弛緩したりを繰り返すのを確認することが出来ます。外旋筋群は一塊になっていますので、内閉鎖筋のみを判別するのは、訓練が必要です。

【内閉鎖筋の絵】

内閉鎖筋

ウェブページ