筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

【大腿四頭筋の起始・停止】

(起始)

大腿直筋は下前腸骨棘に付着。

中間広筋・外側広筋・内側広筋は、大腿骨に付着。

 

(停止)

膝蓋骨に付着して膝蓋靭帯を経て、腱骨粗面に付着。

 

【大腿四頭筋の主な働き】

大腿四頭筋は、膝関節を伸展します。大腿直筋は、股関節の屈曲も荷っています。

 

【大腿四頭筋の神経支配】

大腿神経(L2〜L4)

 

【大腿四頭筋に関する一口メモ】

大腿四頭筋とは、膝関節を伸展する筋肉群の総称です。これらは、大腿直筋・中間広筋・外側広筋・内側広筋の四つです。起始部はそれぞれ異なりますが、停止部は、4つの筋肉とも膝蓋骨に付着して、一つの腱を形成して、脛骨粗面へと付着して、膝を伸展します。膝蓋骨窩は、丁度『滑車』の役目を果たし、大腿四頭筋の力が、スムーズに脛骨伸展の力となるような形になっています。この筋肉の触診は非常に簡単です。いわゆる『太もも』ですから、膝の上部にある前大腿部の筋肉は、ほぼこの筋肉です。四つの筋腹をそれぞれ触診するには、伸展する際に脛骨を内外旋して伸展の力を加える事で可能です。

【大腿四頭筋の絵】

大腿四頭筋

ウェブページ