筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 大腿直筋(だいたいちょっきん)

大腿直筋(だいたいちょっきん)

【大腿直筋の起始・停止】

(起始)

下前腸骨棘、寛骨臼上縁に付着。

 

(停止)

膝蓋骨を経て脛骨粗面に付着。

 

【大腿直筋の主な働き】

膝関節に於ける下腿の伸展、股関節においての大腿の屈曲。

 

【大腿直筋の神経支配】

大腿神経(L2〜L4)

 

【大腿直筋に関する一口メモ】

大腿直筋は、大腿四頭筋の四頭の一つです。基本的には、下腿の伸展が主な仕事ですが、大腿直筋のみ、付着が骨盤になります。したがって、股関節にて大腿を屈曲する作用もあります。股関節屈曲筋は、この大腿直筋と腸腰筋のみです。仮に、股関節を屈曲する自動運動にて障害が出た場合、このどちらかの筋肉で異常が生じているかを鑑別する必要があります。調べる方法は、仰向けに寝て、調べる側と反対側の股関節を屈曲させます。この時、反対側の膝が床から持ち上がるようですと、これらの屈曲筋の過緊張が疑われます。さらに、調べる側と反対側の下腿をベッドからはみ出す様に寝て、同じテストを繰り返してみます。この時、膝が伸展するようですと、大腿直筋の異常緊張や他の異常を考慮する必要があります。

【大腿直筋の絵】

大腿直筋

ウェブページ