筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 内側広筋(ないそくこうきん)

内側広筋(ないそくこうきん)

【内側広筋の起始・停止】

(起始)

大腿骨転子線の下部及び大腿骨粗線の内側唇に付着。

 

(停止)

膝蓋骨の上縁及び内側縁、中間広筋・大腿直筋の終腱に付着。

 

【内側広筋の主な働き】

膝関節においての下腿の伸展、僅かに内旋

 

【内側広筋の神経支配】

下腿神経(L2〜L4)

 

【内側広筋に関する一口メモ】

内側広筋は、大腿四頭筋の四頭の筋肉の一つです。内側に位置し下腿を伸展しますが、若干下腿を外旋方向に回旋します。この筋肉の触診は容易です。いわゆる前部の太ももですから、椅子に腰掛けて、下腿をブランとします。この状態で膝関節の伸展に力を入れます。すると、膝蓋骨(お皿)の上部にある筋肉が緊張するのを確認できます。この筋肉群は大きな筋肉ですので、肉眼にて確認できます。更に内側広筋に余計に力を入れるには、下腿を僅か外旋して膝関節を屈曲します。すると、内側広筋が余計に緊張して、この筋肉をよくよく理解することが可能です。

【内側広筋の絵】

内側広筋

ウェブページ