筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 縫工筋(ほうこうきん)

縫工筋(ほうこうきん)

【縫工筋の起始・停止】

(起始)

上前腸骨棘の直下に付着。

 

(停止)

脛骨粗面の内側に付着。(鵞足)

 

【縫工筋の主な働き】

股関節を屈曲する。股関節を外旋する。股関節を外転する。膝関節を屈曲する。

 

【縫工筋の神経支配】

大腿神経(L2〜L3)

 

【縫工筋に関する一口メモ】

峰工筋は、骨盤の上前腸骨棘の直下から下腿の脛骨粗面まで走る筋肉です。股関節と膝関節に働きます。峰工筋は、人体で一番長い筋肉です。この筋肉を確かめるには、大腿を伸展位で力を入れます。更に少し外旋することでこの筋肉は緊張し、筋腹を触診できます。ただし、脂肪が厚かったり、筋力が弱い人は、判りにくいです。マラソンランナーが走っている写真で、地面に着地している側の脚は、筋肉が隆々としていますが、骨盤の外側から膝の内側に走る斜めの細い筋肉が峰工筋です。

【縫工筋の絵】

縫工筋

ウェブページ