筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 長内転筋(ちょうないてんきん)

長内転筋(ちょうないてんきん)

【長内転筋の起始・停止】

(起始)

恥骨結合及び恥骨(恥骨稜)に付着。

 

(停止)

大腿骨の粗線(内側唇)に付着。

 

【長内転筋の主な働き】

股関節を内転する。

 

【長内転筋の神経支配】

閉鎖神経(L2〜L3)

 

【長内転筋に関する一口メモ】

長内転筋は、股関節の屈曲筋群の一つです。短内転筋と大内転筋らと共に股関節を内転します。長内転筋は、停止部が大腿骨の中ほどのあるため、内転の他に股関節の屈曲も手伝っています。この筋肉の触診は、下腿を伸ばしたまま内転し、脚と脚を対抗させることで、緊張させることが出来き、確かめることも可能です。内転筋群を触診して、内転筋に力を入れます。更に、長内転筋は、屈曲の力を持っていますので、少し脚に屈曲の力を入れます。すると内転の力のみの時よりも増して、長内転筋は緊張し、筋腹を確認しやすくなります。

【長内転筋の絵】

長内転筋

ウェブページ