筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 中間広筋(ちゅうかんこうきん)

中間広筋(ちゅうかんこうきん)

【中間広筋の起始・停止】

(起始)

大腿骨体の前面に付着。

 

(停止)

膝蓋骨の底に付着し脛骨祖面に付着

 

【中間広筋の主な働き】

膝関節において下腿を伸展する。

 

【中間広筋の神経支配】

下腿神経(L2〜L4)

 

【中間広筋に関する一口メモ】

中間広筋は、大腿四頭筋の四頭の筋肉の一つです。名前の通り、中間に位置し、純粋に膝関節を伸展します。この上には、被さる様に大腿直筋が走行していますが、起始が違うため、中間広筋は股関節を屈曲する事はありません。この筋肉は上記の通り、大腿直筋の下層に存在しているため、直接は触れません。中間広筋は、股関節が屈曲している時にも、その力を大いに発揮します。大腿直筋は、膝を伸展しますが、股関節が屈曲していると、その長さを縮めざるを得ません。すると、膝を伸展する力が若干弱くなります。この時にも中間広筋は出番となり、その穴埋めをすることが出来ます。

【中間広筋の絵】

中間広筋

ウェブページ