筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 小内転筋(しょうないてんきん)

小内転筋(しょうないてんきん)

【小内転筋の起始・停止】

(起始)

坐骨下肢及び恥骨下肢に付着。

 

(停止)

大腿骨粗線の内側唇の上端及び殿筋粗面の傍らに付着。

 

【小内転筋の主な働き】

大腿を内転する。大腿を屈曲する。大腿の外旋の補助をする。

 

【小内転筋の神経支配】

閉鎖神経(L3〜L4)

 

【小内転筋に関する一口メモ】

小内転筋は、大内転筋が分かれて出来た筋肉で、大内転筋の上部の繊維を占めていますが、これらの筋肉が区別できない人も存在しています。それ故、テキストによっては、紹介されない筋肉でもあります。この場合は大内転筋の一部と考えられているようです。この筋肉の判別は、基本的には大内転筋の判別と一緒です。大内転筋を探って、その上部の繊維が小内転筋として判別されますが、他の筋肉の下に存在しているため、事実上、触診はできません。

【小内転筋の絵】

小内転筋

ウェブページ