筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)

【大腿二頭筋の起始・停止】

(起始)

長頭は、坐骨結節後面に付着。

短頭は、大腿骨粗面外側唇下方の1/2

 

(停止)

腓骨頭及び下腿筋膜に付着。

 

【大腿二頭筋の主な働き】

膝関節を屈曲する。股関節を伸展、外旋する。

 

【大腿二頭筋の神経支配】

短頭は腓骨神経

長頭は脛骨神経

 

【大腿二頭筋に関する一口メモ】

大腿二頭筋は、外側ハムストリングスとも呼ばれています。短頭と長頭の2本の筋頭があり、長頭は坐骨結節より始まり、短頭は大腿骨の中央部から始まります。短頭は膝関節の屈曲に貢献し、長頭は、股関節と膝関節の2関節に働く筋です。ハムストリングス筋は『ランナー筋』とも呼ばれ、走ることが多い人は発達が目覚しいです。特にスプリンターのハムストリングスは、よく発達しています。膝を屈曲して、股関節を伸展する動作は、まさにダッシュする時の動きです。この筋肉は、外側と内側の筋に大別できます。外側は大腿二頭筋で、内側は半腱様筋、半膜様筋です。これらの筋は、微妙に股関節と膝関節の内旋外旋を調節しながら屈曲伸展を行います。触診は大変簡単です。大腿の裏に力を入れて、外側の筋肉は大腿二頭筋で、内側は半腱様筋・半膜様筋と考えればよいと思います。

【大腿二頭筋の絵】

大腿二頭筋

ウェブページ