筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 半腱様筋(はんけんようきん)

半腱様筋(はんけんようきん)

【半腱様筋の起始・停止】

(起始)

坐骨結節の内側面に付着。

 

(停止)

鵞足となって脛骨粗面の内側に付着。

 

【半腱様筋の主な働き】

膝関節を屈曲、内旋する。股関節を伸展、内旋する。

 

【半腱様筋の神経支配】

脛骨神経(L4〜S2)

 

【半腱様筋に関する一口メモ】

半腱様筋は、ハムストリングス筋の一部です。この筋肉は、股関節を伸展して、膝関節を屈曲します。坐骨結節の内部から始まり、鵞足となって、薄筋と峰工筋と共に脛骨粗面に付着します。この筋肉の触診は、非常に簡単です。座位にてハムストリングスに力を入れます。すると、内側に筋緊張が見られます。膝の内側から件を見つけて、そこから順に触診してもよいです。ハムストリングス筋は、この半腱様筋と半膜様筋と大腿二頭筋から成り立ちます。スプリンター筋とも呼ばれ、短距離ランナーではよく発達しています。

【半腱様筋の絵】

半腱様筋

ウェブページ