筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 腓腹筋(ひふくきん)

腓腹筋(ひふくきん)

【腓腹筋の起始・停止】

(起始)

内側頭は、大腿骨内側上顆

外側頭は、大腿骨外側上顆

 

(停止)

アキレス腱として踵骨隆起に付着。

 

【腓腹筋の主な働き】

足関節を底屈する。膝関節を屈曲する。

 

【腓腹筋の神経支配】

脛骨神経(L4〜S2)

 

【腓腹筋に関する一口メモ】

腓腹筋は、大腿骨に付着して、アキレス腱として踵に付着します。2関節にまたがった筋肉です。非常に力が強く、足関節の底屈と膝関節の屈曲を荷っています。足関節に於いては、膝関節が伸展している状態(腓腹筋が伸長されている状態)では、その力を十分に発揮できますが、膝関節が屈曲している状態(腓腹筋が収縮している状態)では、足関節に掛かる力は半減します。椅子に座った状態で、足関節の底屈をするのと、立った状態で、即関節を底屈するのでは、まったく力の掛かり具合は違います。また、腓腹筋の下には、ヒラメ筋と言う足関節底屈筋があります。これらの筋肉は、アキレス腱を形成し、踵に付着します

【腓腹筋の絵】

腓腹筋

ウェブページ