筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > ヒラメ筋(ひらめきん)

ヒラメ筋(ひらめきん)

【ヒラメ筋の起始・停止】

(起始)

脛骨後面のヒラメ筋線、頚骨の内側縁に付着。腓骨の腓骨筋頭、ヒラメ筋腱弓に付着。

 

(停止)

アキレス腱として踵骨隆起に付着。

 

【ヒラメ筋の主な働き】

足関節を底屈する。

 

【ヒラメ筋の神経支配】

脛骨神経(L4〜S2)

 

【ヒラメ筋に関する一口メモ】

ヒラメ筋は、腓腹筋同様で、足関節の底屈筋です。非常に強力な筋肉です。ただし、腓腹筋が2関節にまたがる筋肉なのに対して、ヒラメ筋は膝関節には働きません。ここで相互の協力関係が両者には存在します。膝関節屈曲している時は、腓腹筋は力を半減しますが、ヒラメ筋は変わりません。したがって、膝関節が屈曲しているときは、足関節の底屈は、主にヒラメ筋のほうがその力を発揮します。停止部はヒラメ筋も腓腹筋もアキレス腱として踵に付着しますので、膝関節が屈曲していても伸展していても、同じように底屈の力は働きます。

【ヒラメ筋の絵】

ヒラメ筋

ウェブページ