筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 長腓骨筋(ちょうひこつきん)

長腓骨筋(ちょうひこつきん)

【長腓骨筋の起始・停止】

(起始)

腓骨頭、腓骨上部の外側面・脛骨の外側顆らに付着。

 

(停止)

第一楔状骨、第一中足骨底部に付着。

 

【長腓骨筋の主な働き】

足関節を外反する。足関節を底屈する。

 

【長腓骨筋の神経支配】

浅腓骨神経(L5〜S1)

 

【長腓骨筋に関する一口メモ】

長腓骨筋は、短腓骨筋と共に足関節の底屈と外反の働きをします。ランニングやジャンプ等の運動において、足が真っ直ぐ向かないような場合は、この筋肉が弱い可能性があります。また、外反の仕事もしますが、ほとんど短腓骨筋の力が大きく、主導筋とはいえません。腓骨頭から始まり、足関節の外側を走行して、第一指底部に付着しているという面白い筋肉です。丁度、前頚骨筋と停止部が同じですが、反対の働きをしています。

【長腓骨筋の絵】

長腓骨筋

ウェブページ