筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 長趾伸筋(ちょうししんきん)

長趾伸筋(ちょうししんきん)

【長趾伸筋の起始・停止】

(起始)

脛骨上端外側面、腓骨前縁、下腿骨間膜、下腿筋膜らに付着。

 

(停止)

第二から第五の指背腱膜に移行します。

 

【長趾伸筋の主な働き】

第二から第五指の背屈をする。外反する。

 

【長趾伸筋の神経支配】

深腓骨神経(L4〜S1)

 

【長趾伸筋に関する一口メモ】

長趾伸筋は、脛骨前面から始まり、2〜5趾の足背に付着している為、背屈と外反が主な仕事になります。特に、この筋肉の力は、底屈と背屈のバランスをとるためにも大切とされています。この筋肉の触診のコツは、足関節を背屈して脛骨前面の筋肉を緊張させます。更にこの状態で、2〜5指を屈曲、伸展してみます。(自動運動にて)すると、腱が触って確認できます。更に、脛骨前面の筋腹を確かめることが可能です。この時、母趾側に張り出した腱は、前頚骨筋腱ですので、判別しなければないません。そのためにも、2〜5趾の伸展、屈曲の自動運動は重要です。

【長趾伸筋の絵】

長趾伸筋

ウェブページ