筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 小趾外転筋(しょうしがいてんきん)

小趾外転筋(しょうしがいてんきん)

【小趾外転筋の起始・停止】

(起始)

踵骨隆起、踵骨外側面、足底腱膜に付着。

 

(停止)

小指の基節骨の骨底外側に付着。

 

【小趾外転筋の主な働き】

小指の外転と屈曲

 

【小趾外転筋の神経支配】

外側足底神経(S1〜S2)

 

【小趾外転筋に関する一口メモ】

小趾外転筋は、踵の外側から、第五指の基節骨の外側へ走行している筋です。小指の基節骨を外転及び屈曲する作用を持っています。屈曲の筋は、短小指屈筋があり、同じ基節骨底に付着しています。この筋肉の触診は、第五指の外側に手を当てて、小指を外転する方向に力みます。すると、少々の外側に細い筋繊維が緊張することを確認出来ます。これが小指外転筋です。自動運動による足の外転は難しいので、集中して試みる必要があります。

【小趾外転筋の絵】

小趾外転筋

ウェブページ