筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 下肢の筋肉 > 短母趾伸筋(たんぼししんきん)

短母趾伸筋(たんぼししんきん)

【短母趾伸筋の起始・停止】

(起始)

踵骨の背面に付着。

 

(停止)

母趾の基節骨の背面に付着。

 

【短母趾伸筋の主な働き】

母趾を伸展する。(MP関節)

 

【短母趾伸筋の神経支配】

深腓骨神経(L4〜S1)



【短母趾伸筋に関する一口メモ】

短母趾伸筋は、短趾伸筋と共に趾を伸展する筋肉です。起始は同じ所(踵骨の上部背面)ですが、短趾伸筋が長趾伸筋腱に付着するのに対して、短母趾伸筋は、腱に付着するのではなく、直接、骨(第一趾の基節骨)に付着して、直接的に母趾を伸展します。短趾伸筋から分離して派生したものと書いてあるテキストもあります。この筋肉の触診は、非常に困難です。足関節を自動運動にて背屈し、この状態で母趾を伸展屈曲します(これも自動運動にて)。すると、短母指伸筋の筋腹が緊張弛緩するのが、訓練次第では確認することが出来ます。

【短母趾伸筋の絵】

短母趾伸筋

ウェブページ