筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 胸部・背部の筋肉

胸部・背部の筋肉一覧

胸半棘筋(きょうはんきょくきん)

【胸半棘筋の起始・停止】 (起始) T5〜T11の椎体の横突起に付着。   (停止) C5〜C7、T1〜T4の椎体の棘突起に付着。   【胸半棘筋の主な働き】 脊椎を伸展する。脊椎を回旋させる。   【胸半棘筋の神経支配】 脊髄神経後枝の頚神経及び胸神経  

頚棘筋(けいきょくきん)

【頚棘筋の起始・停止】 (起始) C6、C7、T1、T2の椎体の棘突起に付着。   (停止) C2〜C4の椎体の棘突起に付着。   【頚棘筋の主な働き】 脊椎を伸展する。脊椎を回旋する。   【頚棘筋の神経支配】 頚神経   【頚棘筋に関する一口メモ】 頚棘筋

胸棘筋(きょうきょくきん)

胸棘筋【の起始・停止】 (起始) T11、T12、L1、L2の椎体の棘突起に付着。   (停止) T2〜T9の椎体の棘突起に付着。 【胸棘筋の主な働き】 脊椎を伸展する。脊椎を回旋する。   【胸棘筋の神経支配】 脊髄神経の胸神経と腰神経   【胸棘筋に関する一口メモ】

頚最長筋(けいさいちょうきん)

【頚最長筋の起始・停止】 (起始) T1〜T5の椎体の横突起に付着。   (停止) C2〜C6の椎体の横突起に付着。   【頚最長筋の主な働き】 頚椎を伸展する。頚椎を側屈する。   【頚最長筋の神経支配】 脊髄神経後枝の頚神経と胸神経   【頚最長筋に関する

胸腸肋筋(けいちょうろくきん)

【胸腸肋筋の起始・停止】 (起始) 第7〜第12肋骨の肋骨角の内側に付着。   (停止) 第1〜第6肋骨の肋骨角に付着。   【胸腸肋筋の主な働き】 胸椎を伸展する。胸椎を側屈する。   【胸腸肋筋の神経支配】 胸神経   【胸腸肋筋に関する一口メモ】 腸肋筋

肩甲挙筋(けんこうきょきん)

【肩甲挙筋の起始・停止】 (起始) C1〜C4の椎体の横突起に付着。   (停止) 肩甲骨の上角、内側縁の上部1/3に付着。   【肩甲挙筋の主な働き】 肩甲骨を引き上げる。   【肩甲挙筋の神経支配】 肩甲背神経   【肩甲挙筋に関する一口メモ】 肩甲挙筋は

小菱形筋(しょうりょうけいきん)

【小菱形筋の起始・停止】 (起始) C6〜C7の椎体の棘突起に付着。   (停止) 肩甲骨の内側縁の上部に付着。   【小菱形筋の主な働き】 肩甲骨を後退する。肩甲骨を下方回旋する。肩甲骨を挙上する。   【小菱形筋の神経支配】 肩甲背神経   【小菱形筋に関

上後鋸筋(じょうこうきょきん)

【上後鋸筋の起始・停止】 (起始) C6〜T2(T3やT4と書いてあるテキストもあります)の椎体の棘突起と項靭帯に付着。   (停止) 第2〜第5肋骨の肋骨角外側に付着。   【上後鋸筋の主な働き】 第2〜第5肋骨を挙上する。   【上後鋸筋の神経支配】 肋間神経 &n

下後鋸筋(かこうきょきん)

【下後鋸筋の起始・停止】 (起始) T11 〜L2の棘突起に付着。   (停止) 第9〜第12肋骨の外側部下縁に付着。   【下後鋸筋の主な働き】 肋骨を下制して、呼気を助ける。   【下後鋸筋の神経支配】 肋間神経   【下後鋸筋に関する一口メモ】 下後鋸筋

僧帽筋(そうぼうきん)

【僧帽筋の起始・停止】 (起始) 上部は、後頭骨上項線、項靭帯に付着。 中部は、T1〜T6の椎体の棘突起、棘上靭帯に付着。 下部は、T7〜T12の椎体の棘突起、棘上靭帯に付着。   (停止) 上部は、鎖骨の外方1/3に付着。 中部は、肩甲骨の肩峰、肩甲棘に付着。 下部は、肩甲棘に付着。 &

広背筋(こうはいきん)

【広背筋の起始・停止】 (起始) T5〜L5の棘突起、仙骨、腸骨稜、第9〜12肋骨に付着。   (停止) 上腕骨の小結節稜に付着。   【広背筋の主な働き】 上腕を内側に引く。上腕を後方に引く。   【広背筋の神経支配】 胸背神経   【広背筋に関する一口メモ

大胸筋(だいきょうきん)

【大胸筋の起始・停止】 (起始) 鎖骨部は、鎖骨の内側半分に付着。 胸肋部は、胸骨及び第1〜第6肋軟骨に付着。 腹部は、腹直筋鞘前葉に付着。    (停止) 鎖骨部・胸肋部・腹部共に、上腕骨の大結節稜に付着。   【大胸筋の主な働き】 上腕を内旋する。上腕を内転する。上

小胸筋(しょうきょうきん)

【小胸筋の起始・停止】 (起始) 第3〜第5肋骨と肋軟骨の連結部に付着。   (停止) 烏口突起に付着。   【小胸筋の主な働き】 肩甲骨を下制する。肋骨を挙上する。   【小胸筋の神経支配】 胸筋神経(C7〜C8)   【小胸筋に関する一口メモ】 小胸筋は、

前鋸筋(ぜんきょきん)

【前鋸筋の起始・停止】 (起始) 第1〜第8ないし第9肋骨の外側面の中央部に付着。   (停止) 肩甲骨の上角、内側縁、内角に付着。   【前鋸筋の主な働き】 肩甲骨を前方へ滑らせる。肩甲骨を上方回旋する。肋骨を挙上する。   【前鋸筋の神経支配】 長胸神経(C5〜C7

鎖骨下筋(さこつかきん)

【鎖骨下筋の起始・停止】 (起始) 第1肋骨の軟骨境界あたりの前面に付着。   (停止) 鎖骨の外側で下面に付着。   【鎖骨下筋の主な働き】 鎖骨を前方、下方に引く。   【鎖骨下筋の神経支配】 鎖骨下筋神経(C5)   【鎖骨下筋に関する一口メモ】 鎖骨下

外肋間筋(がいろっかんきん)

【外肋間筋の起始・停止】 (起始) 第1〜第11肋骨下縁と肋骨結節に付着。   (停止) 第2〜第12肋骨の上縁に付着。   【外肋間筋の主な働き】 肋骨を挙上する。胸郭を拡大する。(呼吸筋として働きます。)   【外肋間筋の神経支配】 肋間神経(T1〜T11) &nb

内肋間筋(ないろっかんきん)

【内肋間筋の起始・停止】 (起始) 第1〜第11肋骨の内面の縁・肋軟骨に付着。   (停止) 第2〜第12肋骨(下位の肋骨の上縁)に付着。   【内肋間筋の主な働き】 肋骨間を収縮させる。   【内肋間筋の神経支配】 肋間神経(T1〜T11)   【内肋間筋に

肋下筋(ろっかきん)

【肋下筋の起始・停止】 (起始) 内肋間筋と同じ走行ですが、その内側にその内側に付着。(上位は欠如している)   (停止) 1肋骨越えた下の肋骨に付着。   【肋下筋の主な働き】 肋骨を引き下げる。肋間を収縮する。   【肋下筋の神経支配】 肋間神経(T10〜T11)

胸横筋(きょうおうきん)

【胸横筋の起始・停止】 (起始) 胸骨の後面と剣状突起に付着。   (停止) 第2〜第6肋軟骨に付着。   【胸横筋の主な働き】 肋骨を引き下げる。呼気に協力する。   【胸横筋の神経支配】 肋間神経(T2〜T6)   【胸横筋に関する一口メモ】 胸横筋は、胸

短肋骨挙筋(たんろっこつきょきん)

【短肋骨挙筋の起始・停止】 (起始) C7,T1〜T11の椎体の横突起に付着。   (停止) 下位の肋骨の上縁の肋骨結節・肋骨角に付着。   【短肋骨挙筋の主な働き】 肋骨を引き上げる。吸気を助ける。   【短肋骨挙筋の神経支配】 頚神経(C8)・肋間神経(T1〜T1

長肋骨挙筋(ちょうろっこつきょきん)

【長肋骨挙筋の起始・停止】 (起始) C7,T1〜T11の椎体の横突起に付着。   (停止) 2つ下位の肋骨の上縁の肋骨結節・肋骨角に付着。   【長肋骨挙筋の主な働き】 肋骨を引き上げる。吸気を助ける。   【長肋骨挙筋の神経支配】 頚神経(C8)・肋間神経(T1〜

腹横筋(ふくおうきん)

【腹横筋の起始・停止】 (起始) 第7〜第12肋軟骨、腰筋膜、鼡頚靭帯、腸骨稜らに付着。   (停止) 剣状突起、白線、恥骨らに付着。   【腹横筋の主な働き】 下位肋骨を下に引く。腹腔内圧を高める。   【腹横筋の神経支配】 肋間神経(T7〜T16)、腸骨下腹神経(T

ウェブページ