筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 胸部・背部の筋肉 > 上後鋸筋(じょうこうきょきん)

上後鋸筋(じょうこうきょきん)

【上後鋸筋の起始・停止】

(起始)

C6〜T2(T3やT4と書いてあるテキストもあります)の椎体の棘突起と項靭帯に付着。

 

(停止)

第2〜第5肋骨の肋骨角外側に付着。

 

【上後鋸筋の主な働き】

第2〜第5肋骨を挙上する。

 

【上後鋸筋の神経支配】

肋間神経

 

【上後鋸筋に関する一口メモ】

上後挙筋は、肋骨を挙上する働きをしています。肋骨を上方移動することによって、呼吸の補助をしています。この筋肉は、僧帽筋の下に隠れて触診できません。『鋸』という時は、のこぎりを意味していますが、この筋肉を見ると丁度のこぎりの歯のような付着をしています。

【上後鋸筋の絵】

上後鋸筋

ウェブページ