筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 胸部・背部の筋肉 > 前鋸筋(ぜんきょきん)

前鋸筋(ぜんきょきん)

【前鋸筋の起始・停止】

(起始)

第1〜第8ないし第9肋骨の外側面の中央部に付着。

 

(停止)

肩甲骨の上角、内側縁、内角に付着。

 

【前鋸筋の主な働き】

肩甲骨を前方へ滑らせる。肩甲骨を上方回旋する。肋骨を挙上する。

 

【前鋸筋の神経支配】

長胸神経(C5〜C7)

 

【前鋸筋に関する一口メモ】

前鋸筋は、字のごとく、ノコギ様に肋骨に付着しています。肩甲骨の下面(肋骨の上部と肩甲骨の間)に付着しています。小胸筋と共に働き、上腕を内転するとこの筋肉はよく緊張し、触診することも出来ます。腕組をした時に、脇の下の肋骨部分にその盛り上がりを触れることが出来ますし、比較的触診しやすい筋肉です。ボックシングのパンチをする時に、肩甲骨を前に送り出して、素早いパンチを繰り出します。ボクサー筋とも呼ばれているようです。

【前鋸筋の絵】

前鋸筋

ウェブページ