筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 胸部・背部の筋肉 > 内肋間筋(ないろっかんきん)

内肋間筋(ないろっかんきん)

【内肋間筋の起始・停止】

(起始)

第1〜第11肋骨の内面の縁・肋軟骨に付着。

 

(停止)

第2〜第12肋骨(下位の肋骨の上縁)に付着。

 

【内肋間筋の主な働き】

肋骨間を収縮させる。

 

【内肋間筋の神経支配】

肋間神経(T1〜T11)

 

【内肋間筋に関する一口メモ】

内肋間筋は、肋骨と肋骨の間を走行している筋肉です。主に肋骨間を収縮する働きをしていますが、これは胸郭を狭くし、呼気の際に、ガス交換が上手く出来るようにする為の作用です。肋骨・外肋間筋・最内肋間筋と共に胸郭を形成している筋肉です。この筋肉の触診は、外肋間筋があるため容易ではありません。肋骨と肋骨の間を指の腹で探っていきます。更に呼吸をする事で、この筋肉が作用するのを確認することが出来ますが、直接触ることは出来ません。また、デリケートな部位ですので、弱い力で触診しなければなりません。

【内肋間筋の絵】

絵は外肋間筋です。この下層に同じような筋肉があります。筋繊維の走行が外肋間筋とは逆で、肋骨間を狭くします。

内肋間筋

ウェブページ