筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 腹部・腰部の筋肉

腹部・腰部の筋肉一覧

胸最長筋(きょうさいちょうきん)

【胸最長筋の起始・停止】 (起始) 腰腸肋筋と共に起こり、仙骨とL1〜L5の椎体の横突起に付着。   (停止) 内側尖は、L1〜L3の椎体の副突起、全胸椎の横突起に付着。 外側尖は、腰椎横突起と肋骨角に付着。   【胸最長筋の主な働き】 脊椎を伸展する。脊椎を側屈する。 &nbs

腰腸肋筋(ようちょうろくきん)

【腰腸肋筋の起始・停止】 (起始) 腸骨稜、仙骨、下位腰椎の棘突起、胸腰筋膜に付着。   (停止) 第7〜第12肋骨の肋骨角の下縁に付着。   【腰腸肋筋の主な働き】 腰椎を伸展する。腰椎を側屈する。   【腰腸肋筋の神経支配】 脊髄神経後枝の胸神経と腰神経  

大菱形筋(だいりょうけいきん)

【大菱形筋の起始・停止】 (起始) T1〜T4(もしくは、T2〜T5)の椎体の棘突起に付着。   (停止) 肩甲骨内側縁下部に付着。   【大菱形筋の主な働き】 肩甲骨を下方回旋する。肩甲骨を後退する。   【大菱形筋の神経支配】 肩甲背神経   【大菱形筋に

横隔膜(おうかくまく)

【横隔膜の起始・停止】 (起始) 胸骨部は、剣状突起に付着。 肋骨部は、第7〜第12肋骨・肋軟骨の内面に付着。 腰椎部は、L1〜L4に掛けての内側脚及び前縦靭帯に付着。   (停止) 腱中心に集合している。   【横隔膜の主な働き】 吸気時に横隔膜は下制します。胸腔を拡大します。

腹直筋(ふくちょくきん)

【腹直筋の起始・停止】 (起始) 第5〜第7肋軟骨、剣状突起、肋剣靭帯らに付着。   (停止) 恥骨の恥骨稜、恥骨結合に付着。   【腹直筋の主な働き】 胸郭全壁を引き下げる。骨盤の前部を引き上げる。体幹を屈曲する。腹腔内圧をあげる。   【腹直筋の神経支配】 肋間神経

垂体筋(すいたいきん)

【垂体筋の起始・停止】 (起始) 恥骨上縁に付着。   (停止) 腹直筋鞘、白線下端に付着。   【垂体筋の主な働き】 白線を緊張させる。腹直筋の作用を助ける。   【垂体筋の神経支配】 肋下神経(T12)   【垂体筋に関する一口メモ】 錐体筋は文字のごとく

外腹斜筋(がいふくしゃきん)

【外腹斜筋の起始・停止】 (起始) 第5〜第12肋骨の外面に付着。   (停止) 腸骨稜の外唇の前半、鼡頚靭帯、腹直筋鞘前葉らに付着。   【外腹斜筋の主な働き】 体幹を前屈する。体幹を側屈する。体幹を反対側に回旋する。   【外腹斜筋の神経支配】 肋間神経(T5〜T1

内腹斜筋(ないふくしゃきん)

【内腹斜筋の起始・停止】 (起始) 鼡頚靭帯、腸骨稜中間線、胸腰筋膜深葉らに付着。   (停止) 第10〜第12肋骨の下縁、腹直筋鞘に付着。   【内腹斜筋の主な働き】 体幹を屈曲する。体幹を側屈する。体幹を同側に回旋する。   【内腹斜筋の神経支配】 肋間神経(T5〜

腰方形筋(ようほうけいきん)

【腰方形筋の起始・停止】 (起始) 腸骨稜、腸腰靭帯に付着。   (停止) 第12肋骨、L1〜L4の椎体の肋骨突起に付着。   【腰方形筋の主な働き】 腰椎を屈曲する。第12肋骨を下制する。   【腰方形筋の神経支配】 胸神経(T12)、腰神経(L1〜L3)  

ウェブページ