筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 腹部・腰部の筋肉 > 横隔膜(おうかくまく)

横隔膜(おうかくまく)

【横隔膜の起始・停止】

(起始)

胸骨部は、剣状突起に付着。

肋骨部は、第7〜第12肋骨・肋軟骨の内面に付着。

腰椎部は、L1〜L4に掛けての内側脚及び前縦靭帯に付着。

 

(停止)

腱中心に集合している。

 

【横隔膜の主な働き】

吸気時に横隔膜は下制します。胸腔を拡大します。

 

【横隔膜の神経支配】

横隔神経

 

【横隔膜に関する一口メモ】

横隔膜は、呼吸筋です。この筋肉は、腹腔と胸腔を隔て、胸腔には、心臓や肺が納まっていますし、腹腔には、胃・膵臓・胆嚢・脾臓・肝臓・腎臓などの臓器が納まっています。横隔膜の中心部には、3つの穴が開いています。大動脈を通す大動脈裂孔・食道を通し、胃へ移行する部分の食道裂孔・大静脈を通す大静脈孔があります。横隔膜が下制する時には、胸郭は拡張し、吸気が沢山行われるよう働きます。上部肋骨は前後方向に拡張し、下位肋骨は横方向に拡張します。従って、上位と下位では、肋椎関節・肋横突関節に於ける関節の向きが違っています。この時、全ての呼吸筋は協力して働き、一連の呼吸作業を滞りなく行っています。

【横隔膜の絵】

横隔膜

ウェブページ