筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 腹部・腰部の筋肉 > 腹直筋(ふくちょくきん)

腹直筋(ふくちょくきん)

【腹直筋の起始・停止】

(起始)

第5〜第7肋軟骨、剣状突起、肋剣靭帯らに付着。

 

(停止)

恥骨の恥骨稜、恥骨結合に付着。

 

【腹直筋の主な働き】

胸郭全壁を引き下げる。骨盤の前部を引き上げる。体幹を屈曲する。腹腔内圧をあげる。

 

【腹直筋の神経支配】

肋間神経(T5〜T12)

 

【腹直筋に関する一口メモ】

腹直筋は、どなたでもご存知の筋肉かと思います。『おなか』の中心を鳩尾から恥骨に掛けて走るチョコレートのように分かれている筋肉です。筋肉隆々のヒーローであれば、必ずこの腹直筋の強調が欠かせません。大胸筋と共に、力強いイメージには、必ず強調される筋肉です。この筋肉は、主に体幹を前屈させる筋肉です。従って、手のひらをお臍の辺りに当てて、前屈するように力を入れることで触診できます。この筋肉は、お腹をひきしめる筋肉の一つでもあり、メタボ防止やダイエットの際には、欠かさず強化することが常識です。この他に、腹斜筋や腹横筋を鍛えることも大切です。骨盤の前部繊維は、骨盤底筋と共に腹腔圧を高め、内臓下垂を防止したりすることも可能です。

【腹直筋の絵】

腹直筋

ウェブページ