筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 腹部・腰部の筋肉 > 外腹斜筋(がいふくしゃきん)

外腹斜筋(がいふくしゃきん)

【外腹斜筋の起始・停止】

(起始)

第5〜第12肋骨の外面に付着。

 

(停止)

腸骨稜の外唇の前半、鼡頚靭帯、腹直筋鞘前葉らに付着。

 

【外腹斜筋の主な働き】

体幹を前屈する。体幹を側屈する。体幹を反対側に回旋する。

 

【外腹斜筋の神経支配】

肋間神経(T5〜T12)

 

【外腹斜筋に関する一口メモ】

いわゆる腹筋の一つです。腹直筋・内腹斜筋・腹横筋らと共に、肋骨部から骨盤部へと走行し、体幹を前屈・側屈・回旋を主に誘導します。外腹斜筋は、内腹斜筋の外側に張り付き、腹壁を作る一つの筋として働いています。これらの筋肉は、単に体幹を動かすだけでなく、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたりしています。外腹斜筋の筋繊維の走行は、内腹斜筋と反対になっています。このため、腹筋運動の際の、外腹斜筋は、反対側の内腹斜筋と共に働きます。腰のくびれを作る筋肉でもあり、お腹を引き締めてスマートに見える様になるには、この筋肉の鍛錬は欠かせません。

【外腹斜筋の絵】

外腹斜筋

ウェブページ