筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 腹部・腰部の筋肉 > 腰腸肋筋(ようちょうろくきん)

腰腸肋筋(ようちょうろくきん)

【腰腸肋筋の起始・停止】

(起始)

腸骨稜、仙骨、下位腰椎の棘突起、胸腰筋膜に付着。

 

(停止)

第7〜第12肋骨の肋骨角の下縁に付着。

 

【腰腸肋筋の主な働き】

腰椎を伸展する。腰椎を側屈する。

 

【腰腸肋筋の神経支配】

脊髄神経後枝の胸神経と腰神経

 

【腰腸肋筋に関する一口メモ】

腸肋筋は、脊柱起立筋の一つですが、最外層の筋肉です。最長筋の後方、外方に位置し、背骨を動かします。腰腸肋筋は、仙骨から中部及び下部肋骨に張り付いている筋です。腰腸肋筋は、肋骨角に付着し、肋横突関節や肋椎関節にも動きを与えます。背骨の両脇に、盛り上がった筋肉が脊柱起立筋ですが、その外側で最外層に手を当てて、前屈もしくは後屈してみると、その筋肉の触診が可能です。

ウェブページ