筋肉ガイドは、筋肉について、絵を交えて書いたサイトです。縁ある全てのアスリート・トレーナー・医療従事者・関係者に役立つ事を願います。

Top > 腹部・腰部の筋肉 > 大菱形筋(だいりょうけいきん)

大菱形筋(だいりょうけいきん)

【大菱形筋の起始・停止】

(起始)

T1〜T4(もしくは、T2〜T5)の椎体の棘突起に付着。

 

(停止)

肩甲骨内側縁下部に付着。

 

【大菱形筋の主な働き】

肩甲骨を下方回旋する。肩甲骨を後退する。

 

【大菱形筋の神経支配】

肩甲背神経

 

【大菱形筋に関する一口メモ】

大菱形筋は、小菱形筋の下に、同じ筋肉の様に張り付いている菱型の筋肉です。肩甲骨を後退するというのは、肩甲骨が、内方に移動するということです。つまり、背骨の方向に移動することを意味しています。肩甲骨の下方回旋は、背部から見て、肩甲骨が時計回りに回旋することを指しています。小菱形筋は、上方移動の力がありますが、大菱形筋は、さほど上方移動には貢献しないようです。筋肉の走行は斜め上方に走り、椎体の棘突起に付着しているので、僅かな上方移動の力はあります。

【大菱形筋の絵】

大菱形筋

ウェブページ